横浜市 建築施工管理のシニア求人・転職情報

横浜市の建築施工管理の50代60代70代のシニア・中高年向け転職・再就職の求人一覧です。横浜市での施工管理の求人の人気職種は土木施工管理建築施工管理木造施工管理内装施工管理電気工事施工管理設備施工管理になります。形態や特徴など様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。横浜市神奈川県)での建築施工管理の採用実績豊富なシニアジョブにお任せください!

36 件の求人があります (1~20件を表示)

36 件の求人があります (1~20件を表示)

シニアジョブの担当者が
希望に合うお仕事をお探しします!

無料でご利用いただけます! 仕事の紹介を依頼する

電話でのご相談もお気軽に

0120-140-822

受付時間(月〜土):9:00〜21:00

建築施工管理技士のシニアのお仕事内容

国家資格である建築施工管理技士の資格は、幅広い職場で活躍できる資格です。特に1級建築施工管理技士の場合、大規模な現場に配置される監理技術者になれる工事の種類が、他の施工管理技士資格と比べても多岐に渡り、建築だけでなく左官、とび、屋根、ガラス、内装仕上など様々な工事の監理技術者ができます。

請負金額数億円〜数十億円規模の工事を一人で担当できます。

求人企業もハウスメーカーやデベロッパー、工務店以外だけでなく、不動産業界の求人も多くあります。

基本的には現場で施工管理を行う仕事が中心となりますが、これまでの経験と知識を活かした周辺業務の求人がある場合もあります。

建築施工管理技士として働くメリット

近年でも住宅やマンション、ビルなどの需要は高く、また、リフォームなどの需要も伸びているため、建築施工管理技士の活躍が求められています。給与も同世代の中では比較的高めの水準に位置します。

建設業は人材不足が深刻であり、経験不足の若手が困る場面も多いため、教育や技術の伝承がシニアの建築施工管理技士に求められる場合もあります。まさに、経験と知識を買われる、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

建築施工管理技士のシニアの年収

建築施工管理技士の平均年収は約600万円となっています。建築施工管理技士は定年後の年収の落ち込みが少ない職種でもあり、データによっては40〜50代の平均年収が600万円台であるのに対し、60代が700万円台とされているデータもあります。

実際の求人情報でシニアの建築施工管理技士に提示されることの多い年収額は500万円前後であり、50代は60代よりも50万円程度高め、2級は1級よりも50万円程度安く提示される傾向があります。

建築施工管理技士に有利なスキルや関連資格

建築施工管理技士は様々な工事を担当できる資格であるため、より専門的な経験とスキルを持っていると評価されやすくなります。特にS造・RC造、大規模修繕などの経験・スキルは重宝されます。また、施工管理技士全般に共通しますが、CADや積算などのスキルも評価されやすいと言えます。

建築施工管理技士には他の資格も持つ方が多いのですが、建築士の資格がある場合、設計業務を任されることがあります。他に電気工事施工管理技士など電気関連の資格も重宝されます。また、2級に比べて1級がかなり高く評価されます。

神奈川県横浜市のハローワーク(公共職業安定所)一覧

(出)・・・出張所 (分)・・・分室

地方機関 郵便番号 所在地 電話
横浜 〒231‐0023 横浜市中区山下町209帝蚕関内ビル 電話 045-663-8609(代)
FAX 045-201-6284
横浜港労働(出) 〒231‐0002 横浜市中区海岸通4‐23 電話 045-201-2031(代)
FAX 045-201-3361
ハローワークプラザよこはま 〒220‐0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル1階 電話 045-410-1010
FAX 045-410-1016
戸塚 〒244‐8560 横浜市戸塚区戸塚町3722 電話 045-864-8609(代)
FAX 045-864-7291
川崎 〒210‐0015 川崎市川崎区南町17-2 電話 044-244-8609(代)
FAX 044-233-4343
港北(本庁舎) 〒222‐0033 横浜市港北区新横浜3-24-6 横浜港北地方合同庁舎1・4階 電話 045-474-1221(代)
FAX 045-474-0878
港北(新横浜駅前庁舎) 横浜市港北区新横浜2-14-30日総第17ビル2階 電話 045-474-1221(代)
FAX 045-474-1290