土木施工管理のシニア求人・転職情報

土木施工管理の50代60代70代のシニア・中高年向け転職・再就職の求人一覧です。施工管理の求人の人気職種は土木施工管理建築施工管理木造施工管理内装施工管理電気工事施工管理設備施工管理経営管理責任者・専任技術者です。形態や特徴など様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。土木施工管理の採用実績豊富なシニアジョブにお任せください!

1031 件の求人があります (1~20件を表示)

1031 件の求人があります (1~20件を表示)

シニアジョブの担当者が
希望に合うお仕事をお探しします!

無料でご利用いただけます! 仕事の紹介を依頼する

電話でのご相談もお気軽に

0120-140-822

受付時間(月〜土):9:00〜21:00

土木施工管理技士のシニアのお仕事内容

土木施工管理技士が所属する企業は、建築施工管理技士などに比べ、規模の大きい会社である比率が高く、建設会社、専門工事会社、ゼネコンなどが多くなります。

1級土木施工管理技士は舗装工事やしゅんせつ工事などの監理技術者となれるため、担当する工事もこれらの他、橋梁、トンネル、港湾施設、造成など専門知識を必要とするものが多くあります。

さらに、建設コンサルの仕事や官公庁の仕事をサポートする発注者支援業務を担当することも多い資格です。

他の施工管理技士に比べて転勤や単身赴任の割合は高めですが、寮なども充実しています。

土木施工管理技士として働くメリット

土木施工管理技士の仕事は、景気による短期間の変動が少ない仕事で、新型コロナウイルスの流行時も大きな変化がなく安定していました。また、特に専門人材が不足しており、将来に渡ってなくなることのない仕事と言えます。

官公庁や自治体も人手を割けない中で、建設コンサルの仕事や発注者支援業務の求人も増えており、経験と知識が高く評価されるため、高いやりがいが得られます。

土木施工管理技士のシニアの年収

土木施工管理技士の平均年収は約600万円です。30代、40代、50代、60代と平均年収が年収600万円前後であまり変わらずに推移し、年齢による落ち込みがあまりない職種だと言えます。

実際のシニア土木施工管理技士の求人情報では、年収500万円前後の求人が多くなっています。50代は60代よりも50万円程度高め、2級は1級よりも50万円程度安い求人が多い傾向にあります。

土木施工管理技士に有利なスキルや関連資格

一口に土木施工管理技士と言っても、様々な専門分野に分かれているため、専門的な経験とスキルが高い評価につながります。専門分野によっては求人数も少ないものの、人材も非常に少ないために、すぐに内定が得られる分野も多くあります。求人数が多い中では、道路・舗装の専門知識などが有利でしょう。

土木施工管理技士に関連した資格もいくつかあり、中でも技術士やRCCMといった資格の保有者は非常に高く評価されます。