放射線科医師のシニア求人・転職情報

医師の求人の人気職種は常勤非常勤一般内科心療内科脳神経内科一般外科消化器外科心臓外科呼吸器外科脳神経外科形成外科美容外科整形外科リハビリテーション科小児科婦人科産婦人科精神科眼科耳鼻科皮膚科泌尿器科放射線科人工透析麻酔科歯科医師人間ドック・健診訪問診療・往診です。形態や特徴など様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。放射線科の採用実績豊富なシニアジョブにお任せください!

1 件の求人があります (1~20件を表示)

1 件の求人があります (1~20件を表示)

シニアジョブの担当者が
希望に合うお仕事をお探しします!

無料でご利用いただけます! 仕事の紹介を依頼する

電話でのご相談もお気軽に

0120-140-822

受付時間(月〜土):9:00〜20:00

医師のシニアのお仕事内容

医師の求人の多くは経験豊富で即戦力となる病院長や施設長など管理者としての募集です。その他ですと地域医療の現場が慢性的に医師が不足している現場ですのですぐに就業可能な現場となっております。 シニアドクターだと施設長でなくとも介護・福祉現場の仕事があり、ニーズは内科医ですが施設長などは外科医が就く場合もあります。

医師で働くメリット

シニアドクターの特徴として勤務医のほかに施設長や院長としての募集があることです。若手の医師にはない魅力であり、雇用する病院側が求めている物の1つです。 また外科医ではなく、高齢化社会で様々な病気を抱えている患者を見れる内科で、医師として経験や対応力のあるシニアドクターならではの活躍方法があるのが魅力です。

医師のシニアの年収

医師の年収は担当医によって変わりますが、男性の場合は50代で1500万、60代で1400万、70代で1200万となります。女性の場合は50代が1500万、60代以上が1300万となります。

医師に有利な資格やスキル

医師は医師国家試験の資格を所持していないと、医業を行うことはできないので必ず医師免許は必要です。

自信が担当したい医業に対して専門的なスキルや知識、経験や認定医師を所持していることで転職で有利になります。